アクアラインを楽しみながら車で行こう

車で千葉房総を目指すなら、湾岸を高速道路走るのも気持ちが良いものです。が、そうするとどうしても木更津方面や館山方面は遠くなってしまいます。そこで大活躍するのがアクアライン。途中海ほたるに立ち寄ると、子連れには良い休憩にもなりますし、追加の楽しみにもなります。

 

車で行く南房総は快適ドライブ

東京やその近郊の車事情をご存知の方には、千葉房総のドライブは道が広く信号も少なく快適なドライブが楽しめます。広々とした景観、真っ直ぐどこまでも続く道と海。程よいドライブの間には、道の駅や気軽に立ち寄れるレジャーなどがあるので、およそチェックして出発しましょう。

東京・神奈川から南房総へ入るには、金谷港へ入る東京湾フェリーや、アクアラインを使用することが楽しくて早いです。子供連れの場合は、長時間車ばかりだと飽きてしまうので、フェリーなど船に乗るというのも楽しみの一つですし、アクアラインのように途中休憩できるところがあると良いのです。

 

アクアラインそのものが既にレジャー!?

アクアラインでは「海ほたる」で休憩がてらオヤツをしたりお土産を見たり、見渡すことができる海原を前に記念写真もいいですね。海ほたるは東京湾に浮かぶパーキングエリアですから、海の眺めは絶景です。その絶景も四方に渡って趣向が違います。高速道路が陸に向かって海を渡る光景や、お天気が良ければ富士山やスカイツリーが見えます。

しかし長時間運転や同乗者も結構疲れるもの。そこでアクアラインの足湯に入っていきましょう。無料ですし、結構家族連れが多いですよ。「ゆーゆー・レスト」は入り口から入ると右手奥に足湯があります。温泉ではありませんが、足をお湯につけながら外の海の景色を堪能できます。癒しのひとときですね。足湯の温度は40度程度。小さな子供を入れる場合は熱いかもしれません。足湯程度じゃ疲れは解消しない!という方は、ボディケアもありますよ。こちらは部分ボディケアなら10分1050円からです。

オヤツも外せないのが海ほたるです。これは食べとくべきでしょう!というのが、珍しい「あさりまん」です。5階の「あさりや」で販売しています。1個350円で、もちろん中身にはあさりが入ってますよ。千葉房総はビワも有名ですから、ビワソフトクリームはぜひ食べて行きたいところです。「富士山メロンパン」も世界遺産になって好評です。なぜ海ほたるに富士山!?と思う方は多いですが、海ほたるからは晴れれば富士山が遠くに見ることができます。この富士山メロンパンは海ほたる限定ですよ。

この他レストランやお土産ショップもあります。家族連れには心強いファミリーマート24時間営業もあります。

 

アクアラインを通って千葉房総へ!

アクアラインを使用して鴨川シーワールドなどがある鴨川方面に行くには、川崎浮島JCTからアクアライン→君津IC→房総スカイライン・鴨川有料道路経由です。国道128号線に出たら、そこからは南北に鯛の浦生息地や鴨川シーワールド、太海フラワー磯釣りセンター、仁右衛門島などがあります。

アクアラインを使用して近さを実感するのは三井アウトレットパーク木更津でしょう。ETCを搭載していれば、普通車なら800円の割引で到着できてしまいます。木更津金田ICから木更津中島郵便局を目指すと良いようです。カーナビもアウトレットパークが検索できない場合はこの郵便局を入力すると出てきます。

館山・白浜方面にアクアラインから車で向かうには、木更津JCTから富津館山道路を通り、富浦ICで降ります。そこからは先は房総の先端へ続く道です。

神奈川方面から千葉北西部や北東部を訪れるにはアクアラインは有効です。湾岸道路が混みあっている時などは便利ですね。ちなみに、イチゴ狩りで有名な千葉北東部へ行くには、アクアラインを降りたら館山自動車道を北に走り、千葉東金道路を通って山武・成東ICで降りるとストロベリーロードがある成東町へ着くことができます。