ドライブはフラワーラインに九十九里

東京近辺はどうしても道幅が狭く信号も多くてドライブ向きとはいえませんよね。その点、千葉南房総は道幅が広くて信号が少なく、景色が良くてほぼ一本道のような運転していて苦にならない最高のドライブコースがあります。大きな目的地を決めて走るのではなく、点々と遊びや休憩を入れながら走れるのも魅力です。海岸線をひたすらドライブすると、日常のちっちゃい事が忘れられそうな太平洋が広がっていますよ。

 

オススメは冬から春

千葉房総は海水浴場も豊富で夏もオススメなのですが、ドライブコースとしては冬から春にかけてがオススメです。というのは、南国ならともかく通常冬はドライブしていても景色は色がない寒々しい風景になりがちです。しかしこの首都圏において南房総などは一足早い春に色づき、ドライブする人の目を楽しませてくれます。また、南房パラダイスのような南国を意識した植物園もホッとするスポットでしょう。イチゴ狩りは冬からスタートしていますから、ドライブしながらイチゴ園をあたってみるのも楽しいです。

 

ドライブの定番・房総フラワーライン

房総半島南端にあるドライブロードで、館山市下町交差点から南房総市和田町まで約46kmを房総フラワーラインといいます。まだ他の土地が冬の寒々しい色の無い風景が多い中、ここは1月から春に向けて菜の花やポピー、夏にマリーゴールドと一足早い季節を感じる事ができます。海際を走るで美しい砂浜の海岸や海を目にすることもでき、目を楽しませてくれます。車を運転する方にしても、道は走りやすくゆったりと運転することができるでしょう。

 

房総フラワーラインのドライブで立ち寄り

イチゴ狩りの季節にドライブするなら、立ち寄りはまず「館山イチゴ狩りセンター」でしょう。国道128号線沿いにあります。イチゴ狩りをしなくても、お買い物だけでもOKです。イチゴ園のイチゴは他と違って格別に粒が良いですよ。平成26年度でいえば、1月2日からスタートになります。ゴールデンウィーク近くまでやっています。

家族でのんびり楽しむなら「館山ファミリーパーク」です。こちらは12月上旬からポピー摘みが可能です。手作り体験や釣堀、ドックランなどもあります。ドックランは無料なので、ワンちゃん連れご家族には良いスポットですね。

運転疲れにちょっと温泉にも浸かりたい、なんていう時には、『安房自然村 不老山薬師温泉』の日帰り温泉でしょう。大人600円、子供300円。露天風呂もありますよ。