夏は海水浴やキャンプ

海に囲まれた千葉房総は海水浴には最高です。神奈川県の湘南地域などは若者に人気で車も渋滞がすごいですが、千葉房総の海岸線は広くアクセスが分散するので「なかなか海に着かない・・」と車の中で茹ってしまいそうなこともありません。また、海水浴だけでなくキャンプなどにも適しているので、夏休みは子供連れで思いっきり楽しめる首都圏の貴重なリゾートといえます。注意点は海水浴などは遊泳エリアを守って遊ぶ事です。あくまで太平洋に直に面していて、離岸流に巻き込まれると一気に沖に流されてしまうことを念頭におきましょう。

 

千葉外房・殿下海水浴場と蓮沼ウォーターガーデン

海で遊びますか?それともプールがいいですか?砂浜と海は魅力的ですが、海水は後でちょっとベタつくところが嫌な人もいますね。また、小さい子供を伴っている場合は、砂浜だけでなく水遊びしたい場合はプールの方が安全ですよね。では、両方遊べる可能性を持っているところは?

千葉外房・山武市蓮沼にある『蓮沼ウォーターガーデン』は九十九里浜を目の前にした外房エリアでは規模の大きな屋外プールです。波のプールや流れるプール、子供が夢中になって遊べる水のからくり工場ジャブリンタウン、渓流下りやスライダー等々1日目一杯遊べますよ。この蓮沼ウォーターガーデンの海側には殿下海水浴場があります。近場には『蓮沼ガーデンハウス』やペンションや民宿など宿泊施設があるので、海もプールも楽しみたいという家族は泊りがけで満喫できますね。東京からはアクアラインを使わない場合は京葉道路・東関東自動車道から千葉東JCTで千葉東金有料道路に入ります。松尾横芝ICで降りたら、県道成田・松尾線(通称はにわ道路)を海に向かって走るとたどり着きます。

 

白い砂浜が美しい南千倉海水浴場

千葉房総の海はスポットによって海の色も違えば砂浜の様子も違います。館山方面など南の先端に近いほど海の色は美しくなっていきます。南千倉海水浴場はその中でも白い砂浜が美しいと言われる海水浴場です。眺めはもちろん太平洋の雄大な海。海水浴場には監視所もあり専任のライフセイバーを配置しています。

千倉の海岸は一方では岩礁海岸もありますが、こちらは釣りスポットです。

 

キャンプ場も房総各所で選べます

高い山があまりない千葉房総。ほどほどの山と広い平地と自然があるために子供連れキャンプには向いている土地と言えます。エリア別に代表的なキャンプ場をご紹介しましょう。

千葉市エリア『昭和の森』とにかく広大な総合公園の中にキャンプ場があります。キャンプ場の他に宿泊施設はユースホテルなどもあります。遊びはアスレチックやサイクリングコースなどもありますよ。キャンプ場は森林に囲まれていて食材を持ち込んでのバーベキューもできます(要予約)。食材や薪・炭などの販売もしていますが、予約をしましょう。野営用具は各自持ち込みです。洗い場やファイヤーサークルはキャンプ場にあります。場所は千葉市緑区土気町。

千葉房総北西部『清水公園キャンプ場』野田市清水にある清水公園キャンプじょうは広い敷地にたくさんの緑が美しいです。フィールドアスレチックやバーベキュー、ポニー牧場やマス釣り場などがある多様な楽しみ方ができる公園。キャンプは日帰りと宿泊ができます。日帰りでもバーベキューなどが予約制で楽しめます。機材のレンタルについては相談してみましょう。宿泊は、ログキャビン・バンガロー・持ち込みテント・オートキャンプ場など充実しています。予約制。平成25年冬季はリニューアル工事が行われる施設があるので、問い合わせてみましょう。

成田エリア『成田ゆめ牧場』小学生前後ならば、ここで遊んだり体験するだけでも楽しいでしょう。元は牧草地だったところをキャンプ場にしているので、敷地は広くあります。機材はレンタルがしっかりしていて、日帰りでバーベキューセットや宿泊キャンプセットなどもあります。宿泊だとドーム型テントの他にヘキサターブや銀マット、テーブル椅子セット、コードリールやランタン・寝袋・炭コンロ・鍋などの調理器具。食材は肉や野菜、特性ソーセージにお米がついたセットもあります。全て揃えてキャンプというと買うのも運ぶのも大変ですが、これなら小さい子供がいても気軽に行けそうですね。

外房エリア『大原オートキャンプ場』温暖な気候の外房南方面では、一年中キャンプにはもってこいです。大原海水浴場へ徒歩10分とあって、夏場も楽しさ倍増です。オート60区画(AC電源付は20区画)の施設は、屋根がある炊事棟や清潔なトイレやシャワー(海水浴などの時は砂落としシャワーがあります)、管理棟には簡単なキャンプ道具やお菓子などが用意されています。ドッグランもあるので、犬同伴家族には嬉しいですね。このキャンプ場、実はスーパーへは車で5~10分で行く事ができます。さらに近隣の温泉(九十九里ヴィラそとぼう)へも車で5分。自然いっぱいなのに何故か便利というのが特徴です。